top of page

講演会「世界環境憲章と日本の課題」を共催しました

更新日:2022年5月5日

2021年12月16日に、東京第二弁護士会と共催で、大塚直早稲田大学法学部教授をお招きし「世界環境憲章と日本の課題」をテーマに講演会を開催しました。


 講演会では、まず大塚先生から、世界環境憲章草案の内容の一部は、2022年3月3-4日に開催される国連ハイレベルセッション(国連環境総会:UNEAに引き続いて開催)で採択予定の政治宣言で取り扱われる見込みと報告がありました。この会合は、国連環境計画(UNEP)設立50周年を記念して開催されるものです。  2021年10月に議論された政治宣言案では、前文で、健康で持続可能な環境に生きる権利にについて、またパラ8で、情報、参加、司法へのアクセスの権利について言及があります。

 また大塚先生からは、世界環境憲章案で扱っている法原則の役割の説明があり、環境権・参加原則、持続可能な発展、未然防止原則、予防原則、汚染者負担原則、将来世代との衡平といった法原則が日本の環境法にどう反映されているかについて、現状解説と問題提起がありました。 講演後、予防原則などについて参加者を議論が行われました。

(文責:滝口直樹)

閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

欧州人権裁判所、スイス政府の気候変動対策の不十分さは人権侵害と判決(2024.4.9)

4月9日、欧州人権裁判所は、スイス政府の温室効果ガス削減対策は不十分と主張した市民の訴えを認める判決を出しました。訴えたのは70代を中心とする女性たち。判決では欧州人権規約が保障する「私生活および家族生活の尊重を受ける権利」を侵害するとしています。日本でも、熱中症は、高齢者を中心にもはや見過ごせない、深刻な問題になっています。

12/20 SDGsジャパン環境ユニットと勉強会を開催しました

2023年12月20日に、SDGsジャパン環境ユニットと共催で、オーフスネットでまとめた環境基本法改正提案について勉強会を開催しました。環境や持続可能な社会づくりに第一線で活躍する多くの方々の参加を得て、市民参加の課題、参加の確保のあり方、NPOのキャパシティの向上などについて、活発な議論が行われました。

環境法政策学会で環境基本法の改正、オーフス3原則について発表しました。

2023年6月17日に開催された環境法政策学会学術大会において、企画セッションを担当し、オーフスネットの視点からの環境基本法改正の必要性と改正提案、情報公開、市民参画、司法アクセスそれぞれについて、メンバーの滝口、一原、久島、佐柄木より発表しました。 発表資料は以下より入手できます。

Comments


bottom of page