top of page

公開勉強会「温暖化訴訟の国際潮流-ウィーン空港訴訟に焦点を当てて」を開催しました。

更新日:2023年8月28日

 オーストリアでは,2017年初めに行政裁判所において,気候変動対策の観点からウィーン空港の拡張を違法とする判決が出されました。この判決は,その後,憲法裁判所により取り消されましたが,経済界等からの反発は強く,マスコミが担当裁判官たちの個人攻撃を始めるなど,司法の独立性の観点からも,欧州において社会的議論を巻き起こしました。

 オーフスネットでは、2017年12月13日 (水)弁護士会館にて公開勉強会を開催し、国連大学サステイナビリティ高等研究所上級研究員等,国際経験が豊富なマウアーホーファー博士をお招きし、最近のオーストリアの環境行政訴訟について報告いただき、議論しました。


◆講 師:フォルカー・マウアーホーファー(Volker Mauerhofer)氏 大阪大学法学研究科特任研究員/ウィーン大学生命科学部 講師略歴:法学博士(グラーツ大学),環境経済学修士(リード大学),弁護士。環境NGOの職員や国連大学サステイナビリティ高等研究所上級研究員など,多彩な経験を有し,国際的な環境コンサルタントとしても活躍中。

◆マウアーホーファー博士の報告資料

◆主催:グリーンアクセスプロジェクト、第二東京弁護士会環境法研究会、オーフス条約を日本で実現するNGOネットワーク(オーフス・ネット)


閲覧数:7回

最新記事

すべて表示

12/20 SDGsジャパン環境ユニットと勉強会を開催しました

2023年12月20日に、SDGsジャパン環境ユニットと共催で、オーフスネットでまとめた環境基本法改正提案について勉強会を開催しました。環境や持続可能な社会づくりに第一線で活躍する多くの方々の参加を得て、市民参加の課題、参加の確保のあり方、NPOのキャパシティの向上などについて、活発な議論が行われました。

SDGsジャパン環境ユニットと環境基本法改正提案について勉強会を開催します(12/20)

オーフスネットは、2023年12月20日に、SDGs市民社会ネットワーク(SDGsジャパン)環境ユニットと共催で、環境基本法改正提案についての勉強会を開催します。 是非ご参加ください。 〇日 時:2023年12月20日(水) 17:00-18:30 〇開催方法:オンライン開催(ZOOMミーティング) 〇予定プログラム   1)オーフスネット橘高真佐美事務局長より環境基本法改正提案、    その背

オーフスネット環境基本法改正提案に、ご意見、ご感想をお寄せください。

オーフスネットでは、環境基本法制定30周年である今年、2023年を期して、環境基本法改正の提案をまとめました(2023.8.8記事参照)。 この提案自体、みなさまの参加により、よりよいものにしていきたいと考えています。 是非、みなさまのご意見、ご感想をお寄せください。 下記フォームをお使いください。 ※オーフスネット 環境基本法改正提案 はこちらから入手できます。 20230822版 (以前公表し

bottom of page