top of page

公開勉強会「リニア中央新幹線問題から考える~環境影響評価法の現状と課題~」を開催しました

更新日:2023年8月28日

 オーフスネットでは、2015年4月14日 (火)に弁護士会館で標記勉強会を開催しました。リニア中央新幹線事業の環境影響評価に携わり、意見を提出してきた日本自然保護協会の辻村さんから、環境影響評価法の現状と問題点を報告いただき、市民が意思決定に効果的に参加するための課題について議論を行いました。


■講師 公益財団法人日本自然保護協会(NACS-J)  辻村千尋(つじむらちひろ)氏

1967年東京生まれの47歳。東京学芸大学修士課程修了、修士(学術)。専門は、地理学・地生態学。地形や地質とその上に形成される生態系や文化の繋がりから、地域の個性を読み解くことを専門としている。 著書に、「身近な環境を調べる」(古今書院、分担執筆)、「図説日本の山」(朝倉書店、分担執筆)現在は、公益財団法人日本自然保護協会の保護研究部保護室主任で、リニア中央 新幹線問題や、国立公園での地熱開発問題などの保護問題を担当。


■共催 グリーンアクセスプロジェクト(大阪大学)、第二東京弁護士会・環境法研究会


当日発表資料

閲覧数:2回

最新記事

すべて表示

12/20 SDGsジャパン環境ユニットと勉強会を開催しました

2023年12月20日に、SDGsジャパン環境ユニットと共催で、オーフスネットでまとめた環境基本法改正提案について勉強会を開催しました。環境や持続可能な社会づくりに第一線で活躍する多くの方々の参加を得て、市民参加の課題、参加の確保のあり方、NPOのキャパシティの向上などについて、活発な議論が行われました。

SDGsジャパン環境ユニットと環境基本法改正提案について勉強会を開催します(12/20)

オーフスネットは、2023年12月20日に、SDGs市民社会ネットワーク(SDGsジャパン)環境ユニットと共催で、環境基本法改正提案についての勉強会を開催します。 是非ご参加ください。 〇日 時:2023年12月20日(水) 17:00-18:30 〇開催方法:オンライン開催(ZOOMミーティング) 〇予定プログラム   1)オーフスネット橘高真佐美事務局長より環境基本法改正提案、    その背

オーフスネット環境基本法改正提案に、ご意見、ご感想をお寄せください。

オーフスネットでは、環境基本法制定30周年である今年、2023年を期して、環境基本法改正の提案をまとめました(2023.8.8記事参照)。 この提案自体、みなさまの参加により、よりよいものにしていきたいと考えています。 是非、みなさまのご意見、ご感想をお寄せください。 下記フォームをお使いください。 ※オーフスネット 環境基本法改正提案 はこちらから入手できます。 20230822版 (以前公表し

Comentários


bottom of page