本文へスキップ

オーフス条約を日本で実現するNGOネットワーク

活動内容ACTION

オーフス・ネット 活動内容

活動報告写真
  • ● オーフス条約に定める基準を満たす国内法(国レベル)整備に 関する政策提言
  • ● 情報アクセス・市民参画・司法アクセスのあり方に関する情報 の収集と提供、調査研究
  • ● シンポジウム・学習会の開催等の啓発活動
  • ● 国内外のNGOとの交流、協力推進、その他の活動

オーフス条約 日本語訳

 オーフス・ネットは、オーフス条約の内容や理念をより多くの市民に知ってもらうために、2006年8月、「環境に関する、情報へのアクセス、意思決定における市民参加、司法へのアクセス条約」(オーフス条約:Convention on Access toInformation, Public Participation in Decision-making and Access to Justice in Environmental Matters)を翻訳し、オーフス・ネット訳として発表しました。
 このオーフス・ネット訳は、磯野弥生氏(東京経済大学現代法学部教授)、大久保規子氏(甲南大学法学部教授)、高村ゆかり氏(龍谷大学法学部法律研究科助教授)による逐語チェックを受けています(肩書きは2006年当時)。
 
 日本語訳の全文はこちらからご覧になれます。また、オーフス・ネット訳は、国連欧州経済委員会(UNECE)ホームページでも日本語訳として公開されています。

政策提言(種の保存法改正について)

 環境省は、2014年6月に施行された「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律」(種の保存法)のあり方を検討するため、「平成28年度 絶滅のおそれのある 野生動植物の種の保存に関する法律あり方検討会」を立ち上げ、検討を進めています。オーフス・ネットは、この検討会に対して以下の意見書を提出しました。
@ 2016年9月13日に意見書を提出しました。詳細はこちら
A 平成28年9月15日の第4回検討会に提出された 資料2−5「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保  存票につき講ずべき措置 について(検討案)」について、2016年9月24日に意見書を提出しました。詳細  はこちら


シンポジウム・勉強会

 オーフス・ネットではこれまで以下のようなシンポジウム、勉強会を行ってきました。

● 勉強会「オーフス条約を具体的な制度の中で使ってみよう」

●日時: 4月 20日 (水)
●プログラム・講師:
1.ラテン地域条約の最新情報の共有 
  大阪大学大学院法学研究科教授 大久保 規子氏
2. 今後の環境関連法見直し時期の情報提供 
  オーフス・ネット 滝口 直樹氏
3. PRTRについての議論 
  ファシリテーター オーフス・ネット 滝口 直樹氏

● 勉強会「オーフス条約とPRTR」 

● 日時: 2016年1月 25日 (月) 午後6:00〜8:00
● 講師:元OECD職員 相澤 寛史氏

  当日配布資料はこちらからダウンロードできます。 

● 勉強会「地球環境基金の助成プログラム見直しとその進展状況」 

● 日時:2015年9月16日 (水)
● 講師:独立行政法人環境再生保全機構
 地球環境基金部 地球環境基金課長 中田 孝之氏
 地球環境基金アドバイザー 滝口 直樹氏

  当日配布資料はこちらからダウンロードできます。
    
中田氏講演資料  滝口氏講演資料 


● 勉強会「NGOの政策決定への参加 - 開発関連NGOの事例から学ぶ -
日時: 2015年8月 19日 (火) 午後6:30〜8:30
●講師 特定非営利活動法人アフリカ日本協議会 稲場雅紀氏
  当日配布資料はこちらからダウンロードできます。 

● 勉強会「 環境民主主義指標(EDI)から見える市民参加の国際的動向」

日時:2015年7月14日 (火) 午後 6:30〜8:30
●講師:ジェフリー・パング助教授(トゥンク・アブドゥル・ラーマン大学)


● 勉強会「風力発電と野鳥に関する問題とその解決に向けて」配布資料 

● 日時:2015年6月9日 (火)
● 講師:公益財団法人 日本野鳥の会 自然保護室 主任研究員  浦 達也氏

  当日配布資料はこちらからダウンロードできます。 


● 勉強会「環境中長期戦略の立案に向けて 〜効果的な市民参加のために〜」 

●日時:2015年5月12日 (火) 午後 6:30〜8:30
●講師:WWFジャパン 事務局長付 草刈秀紀氏 

● 勉強会「リニア中央新幹線問題から考える〜環境影響評価法の現状と課題〜」 

●日時:2015年4月14日 (火) 午後 6:30〜8:30
●講師:辻村千尋(つじむらちひろ)氏 / 公益財団法人日本自然保護協会(NACS-J)

当日配布資料はこちらからダウンロードできます。 

● 勉強会「環境問題における市民参加〜司法アクセス権の現状と課題〜」 

●日時:2015年3月24日 (火) 午後 6:30〜8:30
●プログラム
1. 生物多様性保全における市民参加 〜「種の保存法」を中心に〜
  坂元 雅行氏(弁護士、「トラ・ゾウ保護基金」事務局長理事)
 
  当日配布資料はこちらからダウンロードできます。
2.日本における司法アクセス権の現状と課題
   〜環境デモクラシー指標(EDI)からわかるもの〜
  福田 健治氏(弁護士、オーフス・ネット)

● 勉強会「環境問題における市民の意思決定への参加を考える」 

●日時:2015年1月 14 日 (水) 午後6:30〜8:30
●プログラム
 1.持続可能な開発のための教育(ESD)政策における市民参加
   西 あい (NPO法人 開発教育協会(DEAR))
 2.日本における市民の意思決定参加の現状と課題〜環境デモクラシー指標(EDI)からわかるもの〜
   橘高 真佐美(弁護士、オーフス・ネット)


● 勉強会「環境問題における情報アクセス」 

●日時:2014年11 月18 日 (火曜) 午後6:30〜8:30
●プログラム
 1.開かれた政府をつくるプロジェクトの取り組み:三木由希子(情報公開クリアリングハウス理事長)
 2.環境デモクラシー指標(EDI)プロジェクトの報告:福田健治(弁護士)

● 勉強会「環境問題における市民参加原則〜ポストESDと参加原則の国際的推進〜」

●日時:2014年9 月 26 日 (金曜) 午後6:30〜8:30
●プログラム
 1.バリガイドラインの取り組み:大久保規子(大阪大学大学院法学研究科教授)
 2.環境デモクラシー指標(EDI)プロジェクトの報告:福田健治(弁護士)/橘高真佐美(弁護士)


2013年以前のシンポジウム・勉強会はこちら


過去の政策提言

 オーフス・ネットではこれまで以下のような提言を行ってきました。
 日時  提言内容  Download
 2003年10月28日 司法制度改革に対する決議文  
 2009年6月26日 環境影響評価制度総合研究会報告書(案)に対する意見(パブコメ)提出    

オーフス条約を日本で実現するNGOネットワーク

〒136-0071
東京都江東区亀戸7-10-1 Zビル4階