本文へスキップ

オーフス条約を日本で実現するNGOネットワーク

「オーフス条約を日本で実現するNGOネットワーク(オーフス・ネット)」のホームページへようこそ!
オーフス条約は、環境問題における市民の権利(情報アクセス・市民参画・司法アクセス)を保障した条約です。
私たちオーフス・ネットは、これらの市民の権利を日本でも実現するために活動しています


お知らせ お知らせ

● 勉強会「オーフス条約を具体的な制度の中で使ってみよう」開催のお知らせ


 環境分野の市民参画条約であるオーフス条約の3本柱は、市民の①情報へのアクセス権、②意思決定に参加する権利、③司法アクセス権(訴訟の権利)です。オーフス条約の理念を日本の環境政策に具体的にどのように生かすことができるでしょうか。ラテンアメリカではオーフス条約の地域版を作ろうという動きがあるそうです。オーフス条約に関する国際的な最新状況について学ぶとともに、日本の今後の環境法改正の予定を踏まえながら、日本でのオーフス条約の活用について参加者の皆さんと議論をする予定です。
 特に、オーフス条約の柱の一つである市民の情報へのアクセス権を保障するための重要な制度であるPRTR(Pollutant Release and Transfer Register:環境汚染物質排出移動登録)については、日本はこれまで先進的な取り組みを行ってきました。今後、さらなる発展のためにどのようにPRTRデータを活用できるかということも議論します。

■日時: 4月 20日 (水) 午後6:00~8:00
■場所:会場:地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)    
(東京都渋谷区神宮前5-53-70 国連大学ビル1F)        
■プログラム:
1. ラテン地域条約の最新情報の共有 
    講師 大阪大学大学院法学研究科教授 大久保 規子氏
2. 今後の環境関連法見直し時期の情報提供 
    講師 オーフス・ネット 滝口 直樹氏
3. PRTRについての議論 
    ファシリテーター オーフス・ネット 滝口 直樹氏
■参加費: 無料/事前申込 不要
■主催: オーフス条約を日本で実現する NGO ネットワーク(オーフス・ネット)
■共催: グリーンアクセスプロジェクト,第二東京弁護士会・環境法研究会
■お問合せ オーフス・ネット事務局 粟谷
 

● オーフス条約をわかりやすく解説したパンフレット
 オーフス・ネットは、大阪大学大学院法学研究科グリーンアクセスプロジェクトとともに、オーフス条約についてわかりやすく解説したパンフレットを作成しました。以下の画像をクリックして、パンフレットをダウンロードすることができます。ぜひご覧下さい。2015年11月1日に内容を一部改訂しました

 こちらからダウンロードできます。


news

「世界初 70 か国の環境民主主義指標(EDI)を発表。日本はアジア地域で第 4 位、全世界で 32 位」

5 月 20 日、米国ワシントンにおいて世界で初めて実施された 70 か国におけ る環境民主主義指標による評価結果が公表され、日本はアジア地域19か国で 第 4 位、全世界70か国では 32 位となった。情報公開法など情報へのアクセス についての制度は評価されたが、政策決定への市民参加、裁判の利用しやすさ の点で、課題があるとされている。詳細はこちら(2015年5月21日)


新着情報資 料

● オーフス条約 日本語


 オーフス・ネットは、オーフス条約の内容や理念をより多くの市民に知ってもらうために、2006年8月、「環境に関する、情報へのアクセス、意思決定における市民参加、司法へのアクセス条約」(オーフス条約:Convention on Access toInformation, Public Participation in Decision-making and Access to Justice in Environmental Matters)を翻訳し、オーフス・ネット訳として発表しています。日本語訳の全文はこちらからご覧になれます。

● 勉強会「オーフス条約とPRTR」配布資料 

■日時: 1月 25日 (月) 午後6:00~8:00
■場所:弁護士会館10階 1002号室(東京都千代田区霞が関1丁目1番3号)        
■講師:元OECD職員 相澤 寛史氏

  当日配布資料はこちらからダウンロードできます。 

その他の勉強会・講演会の配布資料はこちら




オーフス条約を日本で実現するNGOネットワーク

〒136-0071
東京都江東区亀戸7-10-1 Zビル4階